中学生コース
ー第一志望校合格を目指し、各人に応じた指導を実施ー



通常授業

個別指導

  教科は数学と英語が中心となります。教科書準拠の教材を使用して授業を進めていきます。
生徒様の学力や目標に応じてカリキュラムを作成し、基本事項の定着を図ります。また、定期テストで高得点を目指している方には応用問題の演習を通して実践力を養っていきます。

授業形式は講師1人に対して生徒様最大3名という、1対3形式を取っています。

『しっかりと一人で考えられる力の構築』


をモットーに、一人の生徒の問題を解説している際は、あとの二人の生徒は出来る問題・解けなければいけない問題などを解いていきます。
授業を担当している講師たちが適切に指示を出し、指示を待って時間が経過していかないよう授業を管理しています。


ディライトコース

  国語、理科、社会を中心に進めていきます。個別指導と同様、教科書準拠の教材を使用します。
授業形式は一斉形式です。他の中学校の生徒と同じ教室で切磋琢磨しながら学習を進めていきます。

普段学習していることを理解しているかどうかを確認しながら、それがどのようにして定期テストや入試に出題されるかを解説していきます。
試験では様々な角度から出題されます。様々な出題形式に対応できるよう、応用力を養います。

暗記科目が中心の理科や社会においては、どのようにして暗記すれば暗記しやすいかの指導も行います。
また、ノートの取り方や勉強の進め方についても指導していきます。








通常授業以外も充実のサポート

自習室

  平日は13時から22時まで自習室として利用できるように専用スペースを完備しております。

テスト実施直前には土・日・祝も開放し、問題でわからないところがあれば、質問することができます。

また、教室長の方から声かけを積極的に行い、誰もが平等に質問ができるような環境を築いております。通塾していただくからには、有効に活用していただきたいと考えております。


定期テスト対策

高校入試には内申点が必要となります。内申点が受験校を決めるといっても過言ではありません。 そのため、毎回のテストの点数が入試に大きく影響します。

《テスト実施前》

テスト範囲や出来具合を考慮して授業を実施します。重要な箇所や苦手分野を中心に対策を進めていきます。


《テスト実施後》

テスト問題を定期考査終了後に持ってきていただき、解き直し及び解説をします。
見直しできる時間を確保できるよう、通常授業のみだけでなく、自習室を積極的に活用するように塾生の皆様に働きかけています。




受験対策

一般試験の対策授業を進めていきます。過去問や予想問題を使用して、本番と同様時間内に正確に問題を解く演習をしていきます。演習を終了した後は第一志望校合格のために効率よく点数を取る方法を中心に解説していきます。 生徒一人一人に目標を持たせ、優先順位や内容を明確にした上で、生徒と目標に対する進捗を確認しながら進めていきます。

受験に費やす時間の無駄の削減を削減するため、教室長が成績を管理し、受験する高校に応じた指導をします。

推薦入試を受験される方及び一般入試の向けに面接指導も実施しております。